忍者ブログ
鬼畜眼鏡の小説を一日一話ペースで書いてますv
[832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [824]  [823]  [822]  [821
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ―眼鏡が四国に出張して、一泊している夜…克哉は一人、寂しく
夜を過ごしていた。
 
 今夜は一人で家事をこなして、夕食を食べてお風呂を済まして就寝の準備を
整えた訳だが…物足りなさみたいなものを感じていた。
 こんなに順調に予定通りのスケジュールをこなしたのは、結婚以来初めての
事だったのかも知れない。
 いつもは必ずどこかで、もう一人の自分にチョッカイを掛けられて邪魔をされるのが
当たり前になっていたからだ。

 昨晩、もう一人の自分が纏っていたクリーム色のパジャマに身を包んでいくと
ベッドの上にポスン、と乗りかかって横たわっていった。

 毎晩のように抱かれているから、ベッドシーツや布団カバーの交換も克哉の
毎日の日課の一つだ。
 だから結婚して二ヵ月半も経過しているのに、このベッドの上には…お互いの
匂いはあまり残っていない。
 けれど…パジャマからは、ほんの僅かだが…もう一人の自分の残り香を
感じて、少しだけホっとした気分になった。

(あいつの匂いがする…)

 基本的に同一人物だから、身体の匂いの違いなど本当は無いのかもしれない。
 けれど眼鏡は…喫煙の習慣があるから、いつもほんの僅かだが煙草の香りや
キスをした時にその味を感じる事があった。

 最初は煙草の匂いは少し苦手だった。だがそれも…愛しい人間のものだったら
気にならなくなるものだと…改めて、克哉は実感していった。

「…何か、夜にあいつがいないのって久しぶりで変な感じだな…。前はそれが
当たり前だった筈なのに…」

 良く考えてみると、夜に一人寝をするのは結婚してからは初めての
ような気がした。
 こちらが体調を崩しているか、熱でも出していない限り…基本的にセックスを
してから寝るのが当たり前で。
 …おかげで、家の家事を全部終えてヘトヘトの筈なのに…ベッドにこうやって
横たわっていても全然眠気がやってこない。
 
(…エッチしないで眠った日って、数えるぐらいしかなかったからな…)

 無意識の内に、自分の乳首に指を這わせているのに気づいて…ハっとなっていく。
 だが…今朝、一回抱かれている筈なのに身体の奥に妙な疼きがあって…
悶々としたものが次第に強くなっていく。

「はぁ…ん…」

 ついに耐え切れなくなって、今朝…もう一人の自分に触れられたように
己の乳首に両手を添えていく。
 本来、男の自慰は性器だけで充分だ。あいつにここまで抱かれるまでは
克哉だってそうだった。
 だが…結婚してから、散々あいつに開発されたおかげで…乳首までが
敏感になってしまった。
 もう一人の自分がしていたように…無意識の内に、ゆっくりと乳首を
摘んでクリクリと弄り始めていく。
 最初は優しく…そして、徐々に力と熱を込めて。そうしている内に…
次第に熱っぽい吐息を零し、強請るように腰が動き始めていく。

「んっ…あっ…『俺』…」

 脳裏に、もう一人の自分がどんな手順で昨晩、こちらを抱いたのか
鮮明に思い描きながら胸を弄っていく。

(確か昨晩は…息が苦しくなるぐらいに激しいキスをされながら此処を弄られ続けて、
もう我慢が出来ないって処まで焦らされたな…)

 その事を思い出した瞬間、グチャグチャ…というもう一人の自分の舌が
こちらの口腔を犯していたリアルな感覚すらも思い出していく。
 それが一層、克哉の性感を煽り…制御を奪っていった。
 指先の動きは次第に大胆さを増していって…次第に、耐え難いほどの
快楽が生じていく。
 だが…どれだけ自分で弄っても、もう一人の自分が触れてくれている時の
ような鋭い快感は訪れてくれない。
 それがもどかしくて…つい、徐々に下肢に手を伸ばしていって…。

「ふっ…んんっ…」

 くぐもった声を零していきながら、克哉は半勃ち状態になっていた
己のペニスに触れていった。
 先端からはすでに先走りが滲んでいる。それを塗りこめるようにしながら
裏筋の部分からゆっくりと擦っていき…。

(こうやって…自分でスルのなんて、どれくらいぶりだろ…)

 頭の隅で、そんな事を考えていきながら…もっと強い快楽を得ようと夢中で
克哉は性器を扱き上げていった。
 だが、どれだけやっても自分で齎す快感には限界がある。
 もう一人の自分がシテくれている時のような底抜けの感覚は決して訪れず、
どこか物足りないような感じすらしてきた。

「はっ…こ、んなんじゃ…足りない…もっと…」

 挙式をした日から毎晩のようにあいつがいてくれたから忘れていた。
 かつては…こうやって寂しい夜を、毎晩のように過ごしていた事を。
 たまにしかやって来ないあいつを求めて…焦がれて、どれくらい気が狂いそうに
なっていたのだろうか。
 …久しぶりに自慰なんかしたせいで、あの時の…あいつに次、いつ会えるのか
判らない不安感を思い出してしまって、胸が切なくなってきた。

―いつの間にか、こんなに強く…オレの中に、お前が存在している…

 一晩くらい、あの会えなくて狂いそうだったあの永い夜の日々を思えば何て事が
ないと思っていた。
 けれど、まだ…こんなにも生々しく、あの頃の痛みと寂しさが自分の中に存在している。
 好きになればなるだけ、もっとと…欲深い心が叫んでいく。

「あっ…はぁ…オレを、こんな…身体に、して…。バカ…お前、何て…」

 この痛みを思い出して、知らぬ間に…克哉はうっすらと涙を浮かべていた。
 いつの間にか、自分の中にあいつへの想いが存在していた。
 好きで、好きすぎて…一度は本気で狂気に身を落としそうになってしまった
事すらもあった。
 その切ない日々の痛みを忘れてしまうぐらい…あいつと結婚して一緒に暮らすように
なってから、毎晩のように自分を抱きしめて寝てくれるようになってから幸せな気持ちで
いたのだと…彼がいない夜を久しぶりに過ごしたからこそ、強く感じていた。
 そのまま自分の感じるポイントを刺激するように、一心不乱に手を動かし続けて
ペニスを扱き上げていく。
 先端の部分が小刻みに震えて、溢れんばかりの蜜が滴っているのが自分でも
嫌でも判った。
 胸の中に巣食う切なさも、愛しさも、寂しさも…何もかもを吐き出したかった。
 
「くっ…うぁ…!」

 だから克哉は息を詰めながらくぐもった声を漏らし…その感覚に身を委ねていく。
 瞬間、ドバっと克哉は大量の白濁を掌の中に吐き出していった。
 強烈な快楽が走って、頭が真っ白になっていく。
 荒い呼吸を繰り返していきながら…仰向けの状態で再びゴロンとベッドの上に
横たわっていき、息が整うまで暫くボウっとして休んでいった。

「…はあ、あいつ…今頃、どうしているんだろ…」

 つい、そんな呟きが漏れてしまっていた。
 あいつも…今夜は、自分と同じようにやりきれない夜を過ごしているのだろうか?
 そんな事をつい考えてしまったら…ベッドサイドに置いてある携帯にふと目が
行ってしまった。
 自慰ぐらいでは、何か物足りなかった。
 身体は疲れているのに…気持ちはモヤモヤしたままで、何かしないままで
布団に横になったってとても眠れそうになかった。
 あいつへの思慕が、強い思いが湧き上がって苦しいぐらいだった。
 だから、克哉はふと…らしくない考えが浮かんでしまっていた。

(あいつに…メールでも、してみようかな…?)

 彼らはいざという時の為に携帯はお互いに一台ずつ所有していた。
 だが基本的に毎日顔を合わせている為、この携帯はちょっとしたお使いや買出し、
用件の為に使われているだけだ。
 声が聞きたいから、電話を掛けてみようかなとも少し思ったが…今の時刻はすでに
23時を指している。
 仕事の為に出張しているのだから、宿泊先で早めに休んでいる可能性も考慮したら
迷惑が掛からないのはメールの方だろう。
 そう考えた克哉は、一旦テッシュで掌を拭い…ウエットティッシュを四角い容器から
一枚抜き出して手を清めていった。
 それから携帯に手を伸ばして克哉はディスプレイと睨めっこを始めていった。

―たまには、率直な気持ちを…携帯という手段であいつに伝えても
良いかも知れない…

 克哉はゆっくりと衣類を整えていくと、携帯を片手にベッドの上にうつぶせに横たわって
もう一人の自分へ送るメールの文面を考え始めていったのだった―


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/16 ほのぼな]
[02/25 みかん]
[11/11 らんか]
[08/09 mgn]
[08/09 mgn]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
香坂
性別:
女性
職業:
派遣社員
趣味:
小説書く事。マッサージ。ゲームを遊ぶ事
自己紹介:
 鬼畜眼鏡にハマり込みました。
 当面は、一日一話ぐらいのペースで
小説を書いていく予定。
 とりあえず読んでくれる人がいるのを
励みに頑張っていきますので宜しくです。
一応2月1日生まれのみずがめ座のB型。相性の判断辺りにでもどうぞv(待てぃ)

 当ブログサイトへのリンク方法


URL=http://yukio0201.blog.shinobi.jp/

リンクは同ジャンルの方はフリーです。気軽に切り貼りどうぞ。
 …一言報告して貰えると凄く嬉しいです。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ * [PR]